カラオケ上達法+音痴さんに捧ぐ♪
お問い合わせリンクカラオケ上達法+音痴さんに捧ぐ♪

なぜ音痴!?

音楽の授業は、体育や図工などの人気の授業に比べて嫌われている面が強いといえます。「宿題が出されるから嫌い」という声があれば、「自分は歌が下手だから嫌い」という声もあります。
では、なぜ人は歌が下手な音痴というハンディキャップを背負ってしまうのでしょうか?

音痴の謎を解く

歌が下手という特徴を示す音痴は、カラオケにおいて場の雰囲気を盛り下げてしまったりいじめの原因になったりする、困った個性といえます。最近では、音痴という言葉は脳機能に起因する症状を指す言葉と見做され、「調子外れ」へと言い換える動きが見られます。

原因

音痴は、肉体的な特徴または感覚的な特徴が大きな原因となっておこります。肉体的な音痴は、音の高さやリズムは理解できているのにも関わらず声帯の筋力が弱いため、思った通りの歌声が出せないことで起こります。感覚的な音痴は「ド」の音を「ミ」や「ラ」の音と感じとるなど、音感そのものが未発達または皆無の場合に起こります。感覚的な音痴は大脳の機能不全に起因することがあり、克服するのが難しいとされています。

音感の種類

人間の能力や人格は、周囲の環境に起因して形成されていくというのが現在の定説です。音痴の鍵となる音感もまた環境によって養われるものといえます。あらゆる音の音程が感覚的に理解できる絶対音感は生来的な能力に属しますが、訓練次第で音感を養うことが出来ます。このように後天的に訓練できる音感を「相対音感」といいます。相対音感は、「基準となる音程」が頭の中に組み上げることで培われるもので、楽器の演奏などで訓練することが出来ます。

自覚しにくい理由

音痴の人は、最初から自分が音痴だと自覚しているわけではありません。音痴は、人に言われて初めて自覚できる個性であるといえます。音痴が自覚しにくい理由としては、「自分の声の聞こえ方」があります。自分の声は耳で聴こえるのではなく、骨伝導によって頭蓋骨を通じて聴こえるものです。そのため、他の人が聴く自分の声と自分が聴く自分の声は同じ声質ではないことがしばしばあります。この声の聞こえ方と音感の違いの相乗効果によって、音痴であることが自覚しにくくなるのです。

弊害

音痴であること自覚する、または指摘されることはカラオケ以外の場面で様々な弊害を引き起こします。自分が音痴であることを自覚している人は、引っ込み思案になりやすいといえます。「仲間同士の集まりでカラオケに行く機会があったら笑われてしまうのではないか」という不安が、自分を目立たせないように行動する原因となるのです。また、音痴というマイナス要素と捉えられる特徴を持っているということは、人間関係にも多大な悪影響を与えることは想像に難くないことと言えます。このような弊害があるからこそ、「音痴を克服する」と謳ったトレーニング商品が長年に渡るヒット商品として扱われているのです。

対処法

音痴に対する対処法としては、「訓練で克服する」「踊りでごまかす」「開き直って個性にする」があります。訓練での克服は、時間が掛かる上に効果が出ないことも少なくないのが欠点といえます。踊りでごまかす方法は、「エアあやや」の流行などで一種のパフォーマンスとして認知されつつありますが、カラオケに適したパフォーマンスとは言えないのが弱点です。開き直る場合、多くの場合強烈なエゴと腕力が前提条件になるので難しいといえます。つまり、訓練して音痴を矯正するのが一番角が立たないということになります。

カラオケ
<a href="http://karaokeonchi.com/" target="_blank"><img src="http://karaokeonchi.com/img/banner.gif" alt="カラオケ" width="88" height="31" border="0"></a>

カラオケ上達法音痴さんに捧ぐ♪

<a href="http://karaokeonchi.com/" target="_blank">カラオケ上達法+音痴さんに捧ぐ♪</a>

広告掲載