カラオケ上達法+音痴さんに捧ぐ♪
お問い合わせリンクカラオケ上達法+音痴さんに捧ぐ♪

歌唱力アップで音痴克服!

現代の音楽シーンにおいては、歌の巧拙を表す「歌唱力」が重視される傾向があります。しかし、ある人に「歌唱力がある」と褒められた歌手が「歌唱力に欠ける」と評されていることも少なくありません。歌唱力とはどのようなものなのでしょうか、そして歌唱力のアップは音痴対策になるのでしょうか?

歌唱力を高めて怖いもの知らず!

歌唱力が高いということは、主観的な判断基準に左右されやすい歌の巧拙において重要な意味を持っています。歌唱力の高さは歌の上手さに直結しているので、歌唱力を高めることこそが音痴克服の早道であるといえます。

構成要素

歌唱力を構成する要素として挙げられる要素には、次のようなものがあります。これらの要素が複合的に絡み合うことで歌唱力という概念を生み出しているのです。

音域

自分が出せる声で、一番高い音と一番低い音の幅を音域といいます。音域の高さ・広さは歌唱力の評価を高めます。マライア・キャリーなどのように、音域の広さを前面に押し出した歌手も少なくありません。音域が広ければ広いほど、高音域で詰まったり声が裏返ったりすることがなくなるので歌唱力の向上に繋がります。

声量

声量は、単純な「声の大きさ」だけではなく「声の響き方」を含めた声の力強さと言えます。舞台演劇やオペラ歌手などの、マイクを使わず地声を客席に届ける必要がある職業の人が豊かな声量を持っています。声量があるということは、声が伴奏に負けないことなのです。

リズム

どんなに声が良くても、リズムが取れていなければただの詩の朗読になってしまいます。リズム感の有無は、歌唱力にも大きな影響を与えます。ヒップホップなどのリズム感を重視した音楽ジャンルの隆盛もあり、歌い手にリズム感を求められる場面が多くなっていることも見逃せません。

歌唱技法

歌は、ただメロディを追ってリズムを合わせて声を出していればいいというものではありません。歌を歌う上で必要な技法を随所に使っていくことが重要です。歌唱技法は使いすぎると技巧の自慢が鼻に付くものの、要所に合わせて使うことで歌の持つ情緒を強調できるというメリットがあります。

判断基準

歌唱力の構成要素を満たしている歌声を持っていたとしても、人によっては「歌唱力がない」と見做されることがあります。それは、歌に「感情を震わせる力」がないと思われているからです。つまり、「歌の魅力をどれだけ歌い手が引き出しているか」を歌唱力の判断基準にしている人も居るということです。

歌唱力アップの秘訣

歌唱力アップのためには、一にも二にも訓練あるのみです。薬や食べ物では絶対に向上しません。音域を広める訓練や声量を高める訓練は、カラオケだけでなく日常生活においても効果を発揮します。これらの訓練は、音痴克服法としても広く知られているものでもあるため、歌唱力のアップは音痴克服そのものであるといえます。歌唱力を高めるための訓練を欠かさず、音楽への理解を深めていけば必ず音痴は克服できるのです。

カラオケ
<a href="http://karaokeonchi.com/" target="_blank"><img src="http://karaokeonchi.com/img/banner.gif" alt="カラオケ" width="88" height="31" border="0"></a>

カラオケ上達法音痴さんに捧ぐ♪

<a href="http://karaokeonchi.com/" target="_blank">カラオケ上達法+音痴さんに捧ぐ♪</a>

広告掲載