カラオケ上達法+音痴さんに捧ぐ♪
お問い合わせリンクカラオケ上達法+音痴さんに捧ぐ♪

早口言葉

同じ音韻を持つ言葉を繰り返す早口言葉は、言葉遊びの代表格といえます。早口言葉をとちらずに言うためには滑舌のよさが重要になるため、アナウンサーなどの言葉を売りにする職種にとって欠かせない訓練法ともなっています。ここでは、カラオケ上達のための早口言葉を解説していきます。

早口言葉でカラオケが上手くなる?

早口言葉は、「バス」と「ガス」のように母音が同じ言葉を組み合わせたり、「客」「柿」「食う」というように繋げると言いづらくなる言葉を組み合わせたりして作った文章をなるべく早く、間違わないように言う言葉遊びの一つです。早口言葉は遊びだけでなく、滑舌を鍛える効果があるため、言葉を使う職業における訓練法としても定着しています。

カラオケと滑舌

アナウンサーや俳優のように言葉を正確に喋る必要のある職業ならばともかく、カラオケなど歌う場合には滑舌は必要ないと思っている人も少なくないのではないでしょうか。滑舌が悪いと発音の違いが聞き取りづらくなるため、歌詞を間違えても誤魔化せるというメリットがあるように感じられますが、実際は声がぼやけてしまうので下手に聞こえてしまうのです。また、最近のヒット曲の中にはラップが組み込まれている場合があるためある程度の滑舌の良さは必要不可欠になっているといえます。

滑舌を鍛える意味

滑舌は、朗読や歌唱において重要な役割を果たします。それは、「言葉を聞き取れるようにする」ことと「リズムに合わせられる」ということです。言葉の聞き取りやすさは、対人コミュニケーションにおいて重要な要素となります。聞き手が話し手に「聞き取れなかったのでもう一度お願いします」というと、多くの場合「自分の話を真剣に聞いていなかった」と話し手が感じてしまうことがあります。このようなことを避けるためにも、話し手は滑舌を良くする努力をしなければなりません。リズムに合わせることは歌の基本となります。滑舌が悪いと歌詞の間違いを起こしやすくなり、挽回しようと焦るうちに間違いだらけになってしまうことはカラオケでは珍しくもない光景です。このような失敗は上手い下手関係なく起こりうるものなので、滑舌を鍛えておくことはとても重要なのです。

カラオケのための早口言葉

滑舌の改善は、歌唱力の向上にも深い関係があります。滑舌を鍛えるためには、早口言葉が最適といえます。ここではプロの現場で使われている、ちょっと難しい早口言葉などを紹介します。

外郎売

外郎売は、アナウンサーや俳優のトレーニングに欠かせない早口言葉です。外郎売はもともと歌舞伎十八番の一つで、小田原の「ういろう」という薬を売って歩く時の弁舌を早口言葉にしたものです。長丁場の台詞を一字一句間違えず覚えて、一度も言い間違えずに淀みなく最後まで述べきる所が見所です。

あめんぼの歌

「あめんぼ赤いなあいうえお」で始まる、発声練習にも使われている「あめんぼの歌」は滑舌を鍛えるトレーニングの定番となっています。この詩を作ったのは、明治時代の文豪である北原白秋で、50音をバランスよく配置している構成もあって滑舌を鍛えるのに非常に効果的です。

カラオケ
<a href="http://karaokeonchi.com/" target="_blank"><img src="http://karaokeonchi.com/img/banner.gif" alt="カラオケ" width="88" height="31" border="0"></a>

カラオケ上達法音痴さんに捧ぐ♪

<a href="http://karaokeonchi.com/" target="_blank">カラオケ上達法+音痴さんに捧ぐ♪</a>

広告掲載